美容整形でアンチエイジングを目指す|年齢に関係なく好調

女性

若々しい自分に

顔の治療

肌の衰えによる影響

年齢を重ねると肌の衰えがみられるようになり、しわやたるみなどが起こります。おでこのしわやほうれい線、目元の小じわなどは、皮膚のコラーゲンが減少して肌にハリがなくなっていりことが原因です。加齢以外に紫外線や乾燥による肌へのダメージもよく知られており、スキンケアをしていても肌へのダメージが蓄積してしまうことは珍しくありません。肌が衰えると、精神面にも影響があります。鏡を見る回数が減り、気持ちが落ちこむ、外出が減り、人に会うのが嫌になるなど、マイナスの影響が見られるようになります。食事に気をつけて、睡眠をしっかり取るようにするなど、日常生活を改善しても、一度弾力を失った肌にハリを取り戻すのは容易ではありません。毎日マッサージを行っても、自分の力には限界があり、なかなか思うように肌を若返らせることはできません。衰えてしまった肌を若返らせるには、治療によるアンチエイジングが必要になります。専門の医療機関で専門のスタッフが治療を行っているので安心です。

どんな効果があるか

アンチエイジングの治療には、どんな効果があるのでしょうか。身体面と心理面に分けてみていきましょう。身体面では、肌へのはたらきかけとしてヒアルロン酸注入、ボトックス・ボツリヌストキシン注射、顔面脂肪注入、コラーゲン注入など、肌にハリを持たせる成分を注入する方法が広く行われています。これらは、一度注入すれば永久的にハリが持続するものではないので、定期的に注入を行う必要があります。ですが、見た目にも若々しい肌になり、即効性があるのが特徴です。若々しい見た目になると、心理面にもよい変化が現れます。自分の顔に対するマイナスのイメージが払拭され、明るくなって元気を取り戻す人が大勢います。もっと早くやればよかった、と感じることもよくあるようです。このようにアンチエイジングの治療には、心にもはたらきかける効果があり、単なる美容とは異なる位置づけになっています。専門の医療機関において実績を積んだ医療のプロが丁寧にカウンセリングを行ってから最適な治療方針を立てるので、安心してアンチエイジングの相談ができます。